Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭球格言-【ち】チャンスボール、コートを見るな球を見よ

庭球格言-【ち】チャンスボール、コートを見るな球を見よ


自分には絶対むりっす!

分かっちゃいるけど、やめられナイ。


チャンスボールが来たら、ほぼ100%アドレナリンが全身を駆け巡り、筋肉ガチガチのまま全力フルスイングしてしまいます。

「OK!」

「行くぜ!!」

「殺ったれ!!!」

「ハイィィっつ!」

「HAHH!!」

必ず叫びながら全力で打ち込みます。


決まると気持ち良いから、全力フルスイングは必須です。


最近はコースを狙うようにし、力は抑えてますが・・・、なかなか長年の習慣は直りません。


どうしたものか。

庭球格言-【と】トスで勝ったらレシーブを

アップも出来ず、極寒でリターンを取るときもありますが、大抵オイラはサーブを取ります。
正直サーブより、リターンが苦手です。

但し最近は、勝つ為にリターンを取るときも。
これは、リターンが強い「ヒデ」や「ミネチン」と組むとき限定の選択です。

オイラのサーブは若干癖があるらしく、初対戦の方は結構リターンをしくじってくれるのでKEEPする確立がそこそこ。
また、おいらは相手のサーブに合わせるのに時間が掛かる上に、ストロークが弱いので、なるべくリターンを避けて来ました。


しかし、今年はパターンを変えて、大会序盤の第1~2試合を全てリターンを選択しました。
まだ、1大会のみですが意外と滑り出しは上々です。

やっぱ、今年はリターンから入るかなあ・・・。

庭球格言-【へ】ペアのミス、にっこり笑って切り替えよ

ノーアドのGポイントでスマッシュミスして相手に取られる・・・・、オイラは良くあります。

ペアの方もカチンと来るのは分かるんですが、ミスした本人が一番分かってるんですよね。
チキンハートのオイラはペアが言う前に自分で「オレ、ドンマイ」と言うのが口癖です。
90℃のお辞儀も忘れません・・・。


ちなみに、ペアがミスした時オイラは常に「次、頑張ろう」と声を掛けます。


ミスをしても次で取り返せば良いんです。
自分だってミスするんだから・・・。


滅多には無いのですが、初心者の方と組む時は最初のゲームの1~2ポイント目に、わざと馬鹿打ちをしてバックアウトやネットを狙い先にオイラがミスするようにしています。

勝利を捨てているわけではありません。
敢えてミスしてポイントを相手に与えたとしても、ペアの緊張を解せればその後の動きが見違えるように変わります。
ですから無駄にはなりません。
偉そうなことを書いちゃって恥ずかしいのですが、こんな事もありなのかなって思います。


ペアがミスした途端に無言になったり、ラケットを叩きつけたりなんてことは、はっきり言って逆効果です。


先ずは自分が楽しむ事。


何も考えずに、思うがままに打つという事ではありません。
二人で配球を相談し相手ペアの苦手なシチュエーションに持ってく戦術を練ったり、ペアのサーブが調子悪いからリターンからの展開に切り替えたりするのって、凄く楽しくありませんか?

オイラの場合は、戦術といえるものではありませんが、稚拙ながらも様々な展開を作ろうと試行錯誤している毎日です。
楽しくてしょうがありません。

それが最終的に勝利にも繋がっていくのではないのかなと感じます。


ブログだけ見ると、オイラって凄い上から目線の様ですが、そんなつもりはありませぬ・・・。
御存知の通り、しょっぱい系のヘナチョコテニスですので、みなさま誤解なされぬよう。

庭球格言-【ほ】誉めてもいいが、試合中フォームのことは言わぬ事

これって練習時には良いとは思いますが、流石に試合中にはヤバイと思います。

ちなみにオイラとミネチンは、ミスった時は「ボールが悪い」と声に出しています。

試合中はポジティブ思考が非常に大事と良く言います。
マイナス思考の人はネガティブなイメージに体が引きずられ、実際にそのような展開になるそうです。
例えばストレートを抜かれたら、「抜かれたからもうポーチに出ない」と単純に考えずにその理由を探るべきです。

自分が相手のリターンより早く動いたからとか、いつもよりサイドを空けていた。
だから、今度はストレートを絞るなり、ペアのサーブをセンター狙いに調整するなどした上で、「ストレートに来たらカウンターで返そう」とか「ポーチでポイントを取り返す」と言った具合に思考を切り替える。
こういった人は非常に勝負強いそうです。

成功者、勝利者と呼ばれる方々は「何事もポジティブに考えられる」思考が共通点。

とある本には、「大会出場の際は、自分が一番強い」とイメージするのが重要といっています。
確かに、駄目だ駄目だと思いながら試合に臨んでは良い結果は出ないような気がします。

試合中の反省は程ほどにして、気持ちを切り替えるようにしたいものです。


「ペアが良いショットを打った時」、

「ポイントを決めた時」、

「リカバーしてくれた時」などなど、声を掛けていきましょう!


ホントに、草テニスをやる上では一番大事な事だと思います。


でも、オイラってミスった時に隣のブロックの人に聞える程の雄叫びを上げてるそうで・・・。

自分で思っている以上に興奮してるようです。

ハズカシイ・・・。

決戦は那須、そして・・・。

昨年の話になりますが、秋晴れの中、総勢12名、車3台で那須テニス合宿へ旅立ちました。
お世話に成っているサークルへの便乗参加!?です。

本日の目的は、テニスちょっぴり、宿泊費より食事代の方が高いという、飲み&バイキングがメイン。
経験者の方は一様に美味しかったよとの感想ですので、非常に夜が楽しみです。
待ってろよ、エピナール那須!

お昼もそこそこに、まずはチキチキテニス大会。

コートは、こんな感じ。
3面×2ブロックのオムニコートです。
s-CIMG7537.jpg


なんとオイラは2戦連続でタイブレーク負け(11-13、5-7)です、トホホホホ・・・。
5位決定戦(orビリ)では、1-4と追い詰められましたが、そこから5連打し辛くも6-4勝利で幕を閉じました。


テニス合宿ですがそこは、サークル「手に酒」今からが本番です!


宿へついてびっくり!

部屋、広っ!!
s-CIMG7551.jpg
s-CIMG7549.jpg


設備もなかなか!!
s-CIMG7553.jpg

部屋からの眺望です。
s-CIMG7556.jpg

ついでに隣のリゾートマンション
s-CIMG7534.jpg



期待に旨を膨らませ、お目当てのバイキングへ・・・。(メニューは90種類あるらしいっす)
流石に力を入れているだけあって、なかなかのお味でございます。

寿司は注文してその場で板前さんが握ってくれます。

鉄板焼きステーキはコックさんが常に焼きたてが提供出来るように調整してござる!

ビーフシチューの肉なんて口に入れた途端にトロケテシマイマシタ・・。

生まれも育ちも根っからの貧乏であるオイラには感動的な食事で大興奮してしまいました。

なんと、6皿+デザート1皿と激しく頑張ってしまいました。

ミネチン野菜尽くし!
s-CIMG7570.jpg

オイラは肉メイン!
s-CIMG7569.jpg

バランスを考え、野菜+寿司+肉!!
s-CIMG7567.jpg

オイラはまたまた肉三昧!!
s-CIMG7565.jpg

ヒロはデザート制覇に乗り出しました!!
s-CIMG7571.jpg

オイラもこのご当地アイスだけは外せなかった・・、まいうーです!!
s-CIMG7573.jpg

バイキングではビールとサワー、カラオケの後部屋のみし、ナイトショーではカクテルを飲み干し、帰って部屋で芋焼酎を頂き、ダウン寸前と成りました。


ナイトショーでのひとコマです。

唄、激ウマでした!!
s-CIMG7604.jpg

フレンチレストランが本務のIさんと2ショット(^^)/
s-CIMG7605.jpg

ミネ&ヒロと一緒に(^^)
s-CIMG7606.jpg

・・・ナイトショーそっちのけでしたね!?


テニス合宿というより、グルメツアーって感じになってしまいました。


何はともあれ、楽しい合宿でございました。

来年は、久々にぱぺっとテニス合宿復活か?!・・・う~ん、皆様のリクエスト次第です。

※やるなら最低8人は集まらないとね~。

庭球格言-【に】にくらしく、強い球にはゆるく打ち、ゆるい球には強く打て

■庭球格言-【に】にくらしく、強い球にはゆるく打ち、ゆるい球には強く打て



「ゆるい球には強く打て」

難しい・・・。
けど、意識して良くやっています。

数年前にくらべると、緩い球を打ち込みにいく事は出来るようになりました。
浅いロブはスマッシュで、後衛への緩いつなぎのロブはグランドスマッシュで、ドロップの打ちそこないはフォアのクロスで叩き込むようにしています。
確立はまだまだ低いのですが、そこそこ決まるようになって来ました。
その分、最近はフォアのハイボレーの打ち込みミスが目立って来ました。
昔ほどではありませんが、他の打ち込み系に比べ未だに決定率が低い。
大きな課題です。


「強い球には緩く打て」

これも昔から意識しています。
スピン系のストロークならスライスでかわすのがメインです。
たまに緩いショートやアングルで交わします。
また、アドサイへの深めのスライスロブとムーンボールはシングルスで良く使います。
神栖の2位トー以下やBクラスでは効果テキメンです。

しかし、本格的なテニスをやられている方のスピンは緩く打とうと思っても球筋が鋭すぎてロブで返すのが精一杯。
コントロールが難しい為、相手のスマッシュチャンスになることもしばしば・・・。

こうやって、自分のプレイスタイルを思い返してみると、結構きちんと緩急つけてるのかなと思います。
問題は精度と使いどころでしょうか?

今後は使えるショットを増やしたり、精度を高めて更に緩急を使えるようになりたいものです。

行くぜ!エロエロテニス!!

ぱぺっと!ビッグバン!?

コートに来て見たら、いつの間にか1面に18人もの参加者が・・・。

数年ぶりの大盛況です!!

昔は常に2~3面進行で20名前後集まってたんですが、ここ数年は6~8人が平均でしょうか。
一体何があったんでしょうか?
ちなみに、キャンセル組を入れたら20人・・・。

1日予約にしていたので、上手く午前の部と午後の部に分かれるかと思いきや、午前に18名、午後に11名!!
こんな日に限って、他のコートが全て予約で埋まってます。

なんやかんやでラリー系の練習メインで実施しましたが、待機時間が長くて寒かった。
半面に8人・・・。
s-CIMG8401.jpg

打ち足りなかったと思います。

こちらは、6人+オイラと休憩中の方が1人。
s-CIMG8402n.jpg

申し訳ありませんでした・・・。

かといって、次回、最初から2面なんて取ってると4~5人しか来ない確立が高いなあ。

悩み所です。

今回、1週間前には他のコートも空いていたのですが、前日には全て埋まってました。
参加連絡が殆ど前日の夜か当日ですので、予約が間に合わない状況でございます。


早めに参加連絡を頂けるとコートの予約調整も可能ですので、皆様のご協力宜しくお願い致します。


尚、2/19開催予定のぱぺっと杯は全4面を6時間確保しておりますので、最大32名対応可能です。
皆様の参加、お待ちしております。

ps.クニ様~球出し用練習球の寄付ありがとうございました。助かります!

タカ、キター(゜゜)~

驚異の新人というよりも、コーチ級の方がうっかりぱぺっとに来てしまいました!!

試合形式の練習では、
セカンドサーブでエース取られたあ~!!
キックサーブ返せねー!!
スライスボレー全然はねねえ!
アングルボレーの角度エロすぎ!
ロブはスマッシュで返される!!

・・・数ヶ月ぶりのテニスだそうで。

明日も来るみたいだから、みんな胸を借りまくりましょう!!

タカあっつああああ!勝負だあ!!
テンション上げ上げで挑むぜい!!!!!!!!!!!!!

ぱぺっと写真館バージョンUP!?

写真館、全く更新していません。
ブログ形式に変更しようかとも思いましたが、1ファイル毎に指定しなくてはならず非常に面倒です。

試しにやってみるとこんな感じです。

■■■2011/12/03 ぱぺっと忘年会開催!! ■■■
s-CIMG8002.jpgs-CIMG8003.jpg
s-CIMG7994.jpg
s-CIMG7995.jpg
s-CIMG7996.jpg
s-CIMG7997.jpg
s-CIMG8000.jpg
s-CIMG8001.jpg
s-CIMG7987.jpg
s-CIMG7988.jpg
s-CIMG7989.jpg
s-CIMG7990.jpg
s-CIMG7991.jpg
s-CIMG7992.jpg

生データは容量大きくて容量や解像度を変更する必要もあるし、なかなか手間隙掛かりやがるぜい。

というわけで、ブログに写真を掲載しつつ、データをCDやDVDに焼いて希望者に配布しようかと思います。
※練習ビデオも希望があれば配布しますが、その際はBD-Rを持参願います。

配布希望の方は、Keatonまでご連絡下さい。

ちなみに、以前配布したCDはこんな感じ。
ちゃんとハードケースに入れて配布致します。
s-cd.jpg
s-cd2.jpg



尚、自分のイケテル写真が満載だったとしても、サークル外への無差別大量再配布等は御遠慮願います。
また、本人にとってはとても恥ずかしいと思われる写真もあるかと思います。
が、数千枚単位(数年分溜まった・・・)で削除や移動作業などを実施すると、作業時間が膨大になり配布が数年後に成ります。
ですので、法律に触れそうにない(モ○さん以外!?)写真は全て収録いたします。
皆様、御承知おきくださいませ。

ps.かずさん、ミキ氏・・・・2月初旬には写真データをお渡し出来ると思います。

庭球格言-【は】パートナーが振られたら側へすぐつめよ

これって最初は中々難しいんですが、やらないとオープンスペースが出来てしまいますので非常に大切です。
ダブルスはセンターセオリーといい、まずはセンターへのラリーを続け、二人を集めたら空いたサイドへ打ち込むのが基本です。
サイド→センター→サイドへの振りは基本配球のひとつです。
個人的には振られる幅にもよりますが、1~2歩詰めれば十分だと思います。

特に初心者の女子に多いのですが、ペアが振られてもかかとをつけて足まっすぐの棒立ちでピクリともしない方が・・・。

・・・ねえ、Mティ。

オープンスペースに打ち込まれると、相手の前進も必至ですし、返せてもチャンスボールになる危険性が高いです。

オープンスペースを作らないように、意識するのって大切だけど難しいですね。

オイラの場合は、無駄に動く時もあれば、ボーっとしてしまうこともしばしば。
集中力が足りずにムラがあるようです。
そういえば、小学校の通信簿には欠かさず「落ち着きがなく学習への集中力が足りません」と6年間貴重なコメントを担任の先生からいただいた記憶があります。
根っからの挙動不審者の様です、トホホ。

ps.Mティのハイボレーやスマッシュは男子顔負けな上、最近はストロークもかなり強いっす。
上達しまくりで、マジ羨ましい。

Appendix

プロフィール

keaton

Author:keaton
へなちょこ日記へようこそ!

来訪者数 2007.10.09~

ようこそ!

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。