Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭球格言-【か】カッとするな、審判ミスは覚悟して

セルフジャッジのミスって、オンラインの際どい場所ならまだ納得もしますが

・線の内側をOUT

・ボールが落ちる前にOUT

・見えない場所をカンでOUT

・10秒後に「やっぱOUTでした」と次のプレイに入ってからコール

などなど、数々の審判ミスを経験して来ましたが、何度も続くとオイラもエキサイトしちゃいます。


・ノーコール

なんてひとも居て、これもやっぱりエキサイトしてついつい力が入ってしまいます。


女子ばかりと思いきや、男子も意外と多いんです。
上手い下手は関係なく「過剰なほど負けず嫌い」な方に多く見られる傾向かなと最近は感じます。

負けたくない一心で、つい「言ってしまう」、そう「見えてしまう」のかなあ・・・。


本当に残念。

庭球格言-【わ】忘れるな4-1、5-2は逆転あり

4-1、5-2所か、5-0から負けたことあるっす。

マッチポイント7回あって取れず、相手のファーストマッチポイントで敗れた事も・・・。


しかし、これって実はテニスを初めて数年目の出来事です。

2~3年前こそ、5-2や4-1から負けたことは有りますが、ここ1~2年は全く、いや殆ど、多分・・・ありません。
某対抗戦で5-2から捲くられたのが最後だと思います。
(シュガーさん&おたけさんすいませんでした)

実際ここ1~2年、5-1から捲くられそうになった時でも、最終的には6-3、6-4で踏み止まる事が出来ました。
逆に、0-4から6-4へと大捲くりもあり、以前に比べると若干チキンハートも直ってきたような・・・気がしないでもないかなあ!?

リードしてるとついついペースを変えて自滅するのがいつものパターンですが、最近はペースを変えずに打てるようになったからかも。

オイラの場合、ペースを保つのって、意外とストレス溜まるので辛いところっす。
馬鹿打ちして決めたい!!


みんなは、どうなんだろうか?

激しく血涙! ぱぺ練中止2連発!!

先々週は積雪にて中止・・・、ぱぺっと結成以来初の出来事でございます。

続いて先週は、願いも虚しくまたもや雨天中止。

週に最低4時間はテニスしないと体の調子が悪くなるというか、悔しくて涙が止まりません。


というわけで、次回ナイター練習では久々の全球強打(フルスイング)で威力倍増(ストレス解消)練習に努めます。


フォアはステップインとタメを重視してフルスイング!!

バックはフラットで殺すつもりでフルスイング!!

ハイボレーは全てスマッシュ!!


行くぜ!

やるぜ!!

潰すぜ!!!・・・!?

18G目の悲劇・・・。

最近、サーブをマイナーチェンジしております。
いつもより若干厚めに当てて、狙ったコースへ振り切る!
結果、いつもより回転は少ないものの、「速く&深く」なったような気がします。

ぱぺっと杯では12G連続サービスキープ!
某サークルで試すべく、サービスキープをテーマに振り切り捲くりました。

なんと2試合連続KEEPと記録を16Gと伸ばし、第3試合。
ここも1STサービスは難なくキープし、17G連続キープ。
オールキープの膠着状態で、試合のスコアは2-2。
相手がオイラのサービスの癖を掴んだと発言!
警戒信号です。
確立重視で、スライス回転で薄く当てるサーブへと変更しました。

なんと、リターンぶっ叩かれてあっという間に0-30となりました。
1本返し15-30としたものの、15-40とブレイクされて、18G目でキープ記録が途切れました。

リードしている時や好調時には決してスタイルを変えてはいけないと庭球格言にもあるのに、忘れてしまいました。

本日のキープ率=83%(5/6)

目標の80%は超えたからヨシとしたいのですが、相手の言葉に惑わされブレイクもされてないのに打ち方を変えたのは反省点かも。

リターンを選ぶよりサーブ選んだ方が最近ゲーム展開が良いんですが・・・。
オイラの場合、リターンの方が弱いからサービス選択の方が良いのかなあ。

アドバイス求む!!


他にも今日の試合では、リターンの脱力とムーンボール&スピンロブでのラリーを心掛けました。
が、相手のスピンに押され時折浅くなりポーチの餌食に・・・。
逆にスライスでコースや相手の足元を狙った時のほうがポイント奪取出来ました。
相手ペアは二人ともスピンが得意でスライスが苦手だから、スライスを多用するべきだったかなと反省です。

第2試合はタイブレで6-5(7-1)、第3試合は4-3時間切れと非常に接戦で楽しかったっす。

今月は雁行陣で粘って、相手の浮き球を叩いたりミスをまつ展開が多く守備的な展開でした。
来月からは、サーブ&ボレー、リターン&ボレーを全球実施し、ボレー感を取り戻しつつ、攻撃的なテニスに移行する予定です。

その為に、ローボレーとスマッシュ、ロブ追いを練習しなくては!!


ゲリラ練 やるぜ! やるぜ!! やるぜ!!!

2012年! 初試合!!

今年初のガチンコ勝負に出かけてきました。
今日のテーマはサービスキープ!
目標は80%!
練習の成果を出し捲くろうと思います。


■第1試合
極寒の第1試合ですので、トスを取り、リターンを選びました。
相手サーブ入り捲くりで、オイラは2連続リターンミス初っ端から空回りし、相手がキープ。
次はオイラのサーブが決まり捲くり、40-15からキープ。
・・・作戦ミス? サーブから入れば良かった・・・。
相手キープ、ペアブレイク、相手キープで、1-3です。
オイラのサーブは3球1STサーブが決まり、0ゲームでキープ。
これで、2-3。
いやいや、リターンを選んだのは失敗か?
しかし相手サーブをブレイク出来ず、2-4。
ペアサーブがブレイクされ、相手がキープし、試合終了。
スライスをポーチされたのが数本・・・、オイラのリターン力が弱かった。
結果:2-6
現在のサービスキープ率は、100%(2/2)


■第2試合
いつもは並行陣ですが、鍋さんから後ろでステイしてチャンスのみ前に出ようとの作戦。
いきなりオイラのサービスがブレイクされ、0-1スタート。
後ろでオイラが粘り、チャンボを鍋さんが決めるパターンで徐々にペースを取り戻し、安定した展開で進みました。
結果:6-2
現在のサービスキープ率は、75%(3/4)


■第3試合
相手のフラットサーブがきつくキープされます。
キャプテンサーブはオイラのボレーミスが有ったものの、なんとかキープ。
1-1
相手サーブをブレイク。
オイラのサーブは競りつつ何とかキープ。
3-1
相手のフラットサーブがまたもや崩せずキープ。
キャプテンサーブ2回目は40-0キープ。
4-2
相手サーブをブレイク。
オイラのサーブはデュースに成りながらも何とかキープ。
5-3
相手の苦手なフラットサーブを何とか返し、0-30と初のリード。
相手のミスもあり、15-40から初ブレイク。
非常に返しにくいサーブでした・・・。
結果:6-3
現在のサービスキープ率は、83%(5/6)


■第4試合
本日初のアドサイですがオイラは後ろでミスらずに繋いでいれば、しかちゃんが必ず決めてくれます。
う~む、ミックスの女子に成った気分です。
あっと言う間に5-0リード。
と油断しちゃった途端に、しかちゃんストロークの暴発とオイラの弱気ストロークで、2G落とし5-2です。
相手が更にしかけてきました。
ロブに切り替え、しかちゃんにボールを触らせない作戦。
オイラはとりあえず繋ぎ、しかちゃんに全てを託します。
しかちゃんのポーチ&ロブの打ち込みで、試合終了。
結果:6-2
現在のサービスキープ率は、88%(7/8)


■第5試合
ヨシターの得意サイドに合わせてオイラがアドサイへ。
リターンを打ち込めず、相手に先手を取られます。
また、並行陣で行こうと打ち合わせるも、ヨシターのボレーミス、オイラのストロークミスが重なりいきなり0-3のビハインド。
フォーメーションを雁行に変更し、ヨシターが後ろでステイしストローク、オイラが前詰めボレーでぽちっとな。
5-4と一気に捲くりました。
マッチポイントを握るも、ヨシター痛恨のボレーミスで5-5タイブレ!!
ヨシターガラスのハートが弾けそう!?
4人とも同じようにミスと得点を繰り返しタイブレは一進一退、なんと6-6!!
(変則タイブレークルールで7点先取)
ラストポイント、ヨシター渾身のストロークが浮き上がり、相手はスマッシュ体勢!!
オイラは、前衛で身構えます。

・・・

痛恨のスマッシュミス!!
ネットへ突き刺さりました!!!
ナイス!ヨシタースライス!

結果:6-5
現在のサービスキープ率は、80%(8/10)


■第6試合

危なげなく5-0で迎えた第6G、オイラのサーブ。
カズさんが普段滅多にない決めハイボレーを3連続ネットしブレイク!?
・・・が、次ゲームではあっさりブレイクバックし、試合終了。
結果:6-1
現在のサービスキープ率は、75%(9/12)


■第7試合
お互い良いとこなしで、あっと言う間に1-4に!!
最初のオイラのサーブがブレイクされたのが痛かった。
その後は互いに2G取るも、試合終了・・・。
結果:3-6

最終的なサービスキープ率は、71%(10/14)

目標クリヤー出来ませんでした・・・。


勝敗とサービスキープ率は、必ずしも比例しないような・・・。
つうか、ブレイク率がノーチェックでした。
しくじりました。

やはり、リターン力強化が必要なのかなあ。

テニスのマナーについて

テニスのマナーについて

最近新人さんも入って来て喜ばしいのですが、試合に出場する上で最低限知って欲しい基本マナーがあります。


ぱぺっとサイトの一番上に

◆テニスマナー◆

をUPしてますが、みなさん一度は目を通しているでしょうか?


実は昔、他サークルからクレームが来た事もあり常時載せているのですが、練習時に守れていない人がチラホラと・・・・。

心配です。

普段から行っていれば、試合にでた時も自然に振舞えると思いますので、この機会に自身を振り返ってみましょう。


■練習時の基本マナー

 1.隣のコートにボールが入った場合 、隣のラリーが終わるまで、コート脇で待ちます。
  ラリーが終わった瞬間に「スミマセン」といいながら、素早くそのボールを拾いにいってください。
  拾ってもらった場合は、「ありがとうございます」とお礼を言いましょう。

 2.隣のボールが入ってきた場合、
  練習を中断又はプレイが終わってから、拾ってあげ、「ボールいきま~す」と相手に投げてあげてください。

 3.コートの後ろを横切る場合、
  そのコートがプレー中であれば、中断するまで待ってから「失礼します」といって、
  コートの後ろをすばやく走りぬけます。

 4.出入り口のドアは、きちんと閉めましょう。

 
 いきなりコートに入る人がいますが、言語道断です!!


■試合の基本マナー

 1.明らかにフォルトのボールは相手に向かって打ち返さずに、軽くネットにかかるように返す。

 2.サーバーにボールを返す時は、対戦相手が返した後に、パートナーが返す。

 3.サーバーにボールを返す際、2球とも対戦相手側に行った時は、サーバーに遠い人から返す。

 4.サーバーはゲームカウント、ポイントカウントをコールしてからサーブを打つ。

 5.ボールを対戦相手に返す際「ボールいきま~す」と叫んだ後、アンダーサーブの要領で返す。
  ワンバウンドして、相手の胸の高さにはずむようにする。

上記をきちんと守れば、サーバーに2球同時にボールが行く事はありません。

また、ゲーム中にカウントを忘れる事も少なくなるはずです。


■トスの方法

 1.ラケットをネット越しに相手コートに差し出しながら、「フィッチおねがいします」と言います。

 2.いわれた方は「スムースorラフお願いします」と答えます。最近は、「アップ」「ダウン」の方が一般的。

 3.ラケットを相手コート側で、コマの様にクルクルとまわします。

 4.倒れたラケットは、対戦相手が丁寧に拾い上げます。

 5.グリップエンドのマークを、ラケットの持ち主に見せながら全員で確認し、相手に返します。


ルールも大事ですが、楽しくテニスを行う上でもマナーを必ず守るようにしましょう。

庭球格言-【る】ルールを学べ知ると知らぬで大違い

これは全くその通りと思いますが、意外とルールを知らずに適当な人が沢山居ます。

オイラもその一人なんですが、色んな経験をしました。

・セルフジャッジの意味を知らない人

意外と多いです。

以下はオイラの実体験です。

「サーブが見えなかったからもう一度打って下さい」
 →ジャッジ出来ない時点で失点です。

「アウト」「イン」ジャッジがペアで分かれた後に、「やっぱりアウトでした」
 →ジャッジが分かれた時点で失点です。

「IN」とサーブをジャッジしリターンミスした後に、数十秒経過してもう片方のペアが「やっぱりフォルトでした」
 →ジャッジをINとした時点で有効であり、ジャッジが分かれた場合も失点です。
  更に、即座にジャッジがルール本にも書いてあります。
  数十秒後にジャッジした場合は「フォルトのコールが出来なかったのでINプレイ」となります。
  3つものルール違反・・・・。
  痺れてしまいます。

「あんた足にあてて返したろ」とベースラインからネットプレイヤーに言いがかりを付け自分のポイントにして続行。
 →ベースラインからネットプレイヤーの足元が見えるというのも凄いのですが、相手コートのジャッジを勝手に行っています。明らかに間違い。

  この時は、正直オイラもぶち切れました。
  相手はボディショットを急に連発してきて、当ててやると試合中に暴言。
  オイラには当たりませんでしたが、ペアのHくんが当てられました。
  返り討ちにして勝利しましたが、こんな最低の試合は最初で最後です。

  住金大○のイイトシこいたオッサンでしたが、マナー所かルールも知らない方でした。


他にも、

・自分有利に解釈する人

・タイブレークを知らない人

・オーバーネットの意味を間違えてる人

・二度打ちの意味を間違えている人

・フィッチの方法を勘違いしている人


結構、初級者が多いぱぺっとでも勘違いしている人が居るかもしれません。


特に勘違いが多かったルールは次の3点

1.ネット際で、ラケットがネットを超えたからオーバーネット→×:間違いです。

正しくは、「ネットを超えた位置で球を打ったらオーバーネット」です。
打点がネットの内側であれば、ラケットやボールの一部がネットを超えても問題ありません。
また、相手ボールが自分のコートに入り跳ねた後にバックスピンや風で相手コートに戻った時は、打点がネットを超えてもOKです。
(タッチネットは論外、その場で失点です)


2.ラケットに2回当たって返ったから2回打ちで失点→×:間違いです。

正しくは、「ラケットに2回以上当たっても、1スイングであればOK」です。
似たようなケースですが、ロブを空振りした後に追いかけて再度打つ事は問題ありません。
但し、サーブでの空振りはフォルトに成ります。


3.フィッチで選択権を得たものがレシーバーを選んだ場合、相手がサーブに成るから、合わせてコートサイド(エンド)を選べる。

正しくは、「レシーバーを選んだからと言って、相手はサーブを選んだ事にはなりません。エンドは相手が選べるのです。」

トスの勝者は以下の3点から一つを選択できます。

1)サーバーになるかレシーバーになるかを選ぶ。
2)エンドを選ぶ。
3)トスの敗者に上記1),2)のどちらかを先に選ばせる。)


信じられないかもしれませんが、実際に全てオイラが体験した事です。


皆さんも、「住金大○」には気をつけよう!

庭球格言-【ぬ】抜こうとする気持ちを捨てて、パッシング

パッシングって滅多に打たないから意識したことないなあ・・・。

抜こうと意識すると固くなるから力を抜けって事?


解説、キボンヌ m(_ _)m

バックハンド強化中!!

我々のような社会人テニスって初級者や初中級が多いです。
そういうなかでのテニスって、武器を作るよりも弱点をなくす方が、非常に強く勝利への近道だと思います。

というわけで、現在あからさまな弱点を克服すべく奮闘中です。
おいらの場合は、フォアボレーとダブルスのバックハンドストロークでのリターンが弱点です。
特にリターンは、スライスしか打たないのでポーチを狙われてしまいます。
ここ数ヶ月、片手バックでスピンを打つ練習をしていましたが、コントロールがイマイチです。
余りに上達しないので、まずはフラット打ちで真ん中に当てるように変更しました。。

・・・先週から。

本日の金曜ナイターでも、バックに来たら、まずはフラットに当てて深く返すこと。
そして、リターンもエースを狙わずクロスに返す事を念頭におきました。

結果、8割の確率でフラットストローク&リターン成功!!
地道な練習の成果(!?)がでたようです。
これだからテニスってやめられません。

しかし、かずさん&すの君サーブは回転が少なくフラットに近いから、フラット打ちとは相性が良い・・・。
他の方に通じるかどうか・・・。

明日の土曜練でも練習してみたいと思います。
明後日には試合なのに打ち方を変える練習を前日にしてもいいのかという疑問は置いといて、やりまくる所存です。

今後は、バックハンドストロークがフラットで8割入るようだったら、若干打ち込むようにして少しずつスピンを掛けるように修正していこうと思います。

うまくいくといいなあ・・・・。

いや、絶対モノにしてやるぜ!!

乞う、ご期待!!



庭球格言-【り】リードしてる時こそ守れ、マイペース

5-0から負けた事が2回あります。

一つはサークル内の内輪のダブルス大会。
6G先取ノーアドで、結果は5-6、しかも対戦相手はRie・・・。
負ける要素がないと色々と遊んでいるうちに5-5となり、そこからサクッとキープする予定でした。
しかし、相手のショットが徐々に安定して来た上、オイラの調子が急降下してしまい爆死!!

二つ目は、神栖シングルスの予選です。
当時はテニスを始めて4年目位で、5-0から6-6タイブレとなり、確か4-7でコロッとやられました。
現在宮野台に所属の老練なY口さんです。
バックハンドのシコリ合いで圧倒的にリードしていたのですが、勝ちを意識しすぎてオイラの球が全て浅くなり叩き込まれてしまいました。
相手のミスでいつか取れるだろうとダラダラとバックラリーに固執(ショートしか打てなくなったにも拘らず)したのが敗因かと。

5-1,5-2から負けた事は、何度もあります。

一番ヤバイなと思ったのは、シングルスで5-0から5-5となり、辛くも6-5で勝利した試合。
6G先取ノーアドでしたので、5-5の時は正直駄目かと思いました。

こうやって振り返ってみると、シングルスで捲くられるパターンが多いように思えます。
独りだと楽なんですが、パニックってしまうともう戻れません・・・。
ダブルスだとペアがいますので、2~3G落としても何とか踏み止まる事が出来ます。

リードしている時、ポイントを取っている時は、そのパターンを変えずに繰り返して得点を重ねるのがセオリーなのですが、「気持ち良いテニス」を追求する余り、ついつい「全球強打でポイント」、「ポーチでポイント」、「サービスエース」、「スマッシュ打ち込み」をやっちゃいます。


そう、普段やらない事をしたくなるんです。


少しでも勝利を意識するならば、

マイペースって本当に大事だと思います。

Appendix

プロフィール

keaton

Author:keaton
へなちょこ日記へようこそ!

来訪者数 2007.10.09~

ようこそ!

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。